teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 <思いやりのあるコミュニティ宣言>
 teacup.掲示板は、皆様の権利を守りながら、思いやり、温かみのあるコミュニティづくりを応援します。
 いつもご協力いただきありがとうございます。

 投稿者
  題名
  内容 入力補助<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ]

スレッド一覧

  1. ジョッキーさんへ(1)
スレッド一覧(全1)  他のスレッドを探す 

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成


日本語の本を譲ってください

 投稿者:  投稿日:2021年 4月13日(火)19時05分45秒
編集済
  日本語の本を探しています。
ご自宅の日本語の本を売りたい方、ご連絡下さい。
・子供の絵本 対象年齢4歳以上
・小説

引渡しはハンブルク市の中心部もしくは郵送でお願い致します。(送料は当方で負担させて頂きます)

連絡先
ringonogarten@gmail.com
 
 

combi スゴカル ベビーカー

 投稿者:combi  投稿日:2021年 4月12日(月)05時19分4秒
  combiのスゴカル4キャス・コンパクトベビーカーを売ります。
ご興味のある方はメールを送って下さい。
combihamburg@gmail.com
 

子どものおもちゃ売ります

 投稿者:ヨヨスケ  投稿日:2021年 4月 6日(火)16時49分32秒
編集済
  ご興味あれば、詳細写真お送りしますので、お気軽にお問い合わせください。

パズル数種
Ravensburger,Playmobil,その他
幼児~5歳向け       各1ユーロ~8ユーロ

おもちゃ各種
HABA,tiptoi
3歳~8歳向け       各2ユーロ~5ユーロ

DVD
Feuerwehrmann SAM、Bob der Baumaister
各3ユーロ


ハンブルク市内引き渡し可、もしくは当方市内中心部自宅でのピックアップも可能です。

Hamburgsale@outlook.jp
 

日本への帰国・入国にあたって必要となる新型コロナウイルスの検査証明書(注意喚起)

 投稿者:編集部  投稿日:2021年 4月 5日(月)22時12分52秒
  在ハンブルク日本国総領事館から連絡が来ましたので下記に添付します。

日本への帰国・入国にあたって必要となる新型コロナウイルスの検査証明書に不備があり、航空機に搭乗できない事例が発生しています。
 コロナ検査証明書の取得にあたっては、以下の留意事項を必ずご確認ください。

1 検査証明書の取得
 3月19日以降、日本への全ての入国者は、現地出国前72時間以内に実施したコロナ検査の陰性証明書を所持している必要があります。検査証明書を提出できない方は、検疫法に基づき、日本への上陸が認められないため、出発地において航空機への搭乗が拒否されます。
 https://www.de.emb-japan.go.jp/itpr_ja/konsular_coronavirus100321.html

2 指定フォーマット
(1)検査証明書の指定フォーマットはこちらをご覧ください。
 https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000121431_00209.html
このフォーマットに現地検査機関が記入し(日本語又は英語)、医師が署名又は押印したものが必要となります。
(2)上記の指定フォーマットによる検査証明発行に対応する医療機関がない場合には、下記(ア)~(ウ)のすべての情報が英語で明記されていれば、任意のフォーマットの提出も可とされています。
(ア)人定事項(氏名、パスポート番号、国籍、生年月日、性別)
(イ)コロナ検査証明内容(検査手法(所定のフォーマットに記載されている採取検体、検査法に限る)、検査結果、検体採取日時、検査結果決定年月日、検査証明交付年月日)
(ウ)医療機関等の情報(医療機関名(又は医師名)、医療機関住所、医療機関印影(又は医師の署名、電子署名、レターヘッド))

3 検査方法
検査方法は以下のいずれかに限り有効です。
○real time RT-PCR法(real time reverse transcription PCR)
○LAMP法(Loop-mediated Isothermal Amplification)
○TMA法(Transcription Mediated Amplification)
○TRC法(Transcription Reverse-transcription Concerted reaction)
○Smart Amp法(Smart Amplification process)
○NEAR法(Nicking Enzyme Amplification Reaction)
○次世代シーケンス法(Next Generation Sequence)
○抗原定量検査(Quantitative Antigen Test)(CLEIA)
(注)抗原定性検査(Qualitative Antigen Test)やドイツで一般的な抗原迅速検査(Antigen Schnelltest)は日本政府により有効な検査方法として認められておりません。

4 検体採取方法
 検体採取方法は以下のいずれかに限り有効です。
○鼻咽頭ぬぐい液(Nasopharyngeal Swab/ Nasopharyngealer Abstrich)
○唾液(Saliva / Speichel)
(注)口腔ぬぐい液(Oral Swab / Mundabstrich)、喉咽頭ぬぐい液(Throat Swab / Rachenabstrich)、鼻腔ぬぐい液(Nasal Swab / Nasenabstrich)は日本政府により有効な採取検体として認められておりません。

5 特に注意すべき検査証明書の不備事例は以下のとおりです。
(1)検査証明書が日本語又は英語で書かれていない。
(2)日本政府が指定する検査方法ではない(例:ドイツで普及している抗原迅速検査(Antigen Schnelltest)による検査結果を持参)。
(3)日本政府が指定する検体採取方法ではない(例:採取検体が喉咽頭ぬぐい液(Throat Swab / Rachenabstrich)であった)。
(4)検体採取日は記載されているが、採取時刻の記載がない(出国前72時間以内に検査が行われたことを確認するため、採取時刻の記載が必要)。

6 その他、これまでにお知らせした日本への入国・帰国にあたっての基本的な流れ(現地出国前72時間以内に実施したコロナ検査の陰性証明の提出、誓約書の提出、質問票Webへの登録、到着時のコロナ検査等)に変更はありません。
 https://www.de.emb-japan.go.jp/itpr_ja/konsular_coronavirus100321.html

【本件に関するお問い合わせ先】
○厚生労働省新型コロナウイルス感染症相談窓口(検疫の強化について)
 海外から電話の場合:+81-3-3595-2176(日本語、英語、中国語、韓国語に対応)
 国内から電話の場合:0120-565-653
 照会受け付け時間:日本時間 午前9時~午後9時(土日祝日も可)

○新型コロナウイルスに関するQ&A(厚生労働省)
 https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/kenkou_iryou/dengue_fever_qa_00001.html
○水際対策の抜本的強化に関するQ&A(厚生労働省)
 https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/kenkou_iryou/covid19_qa_kanrenkigyou_00001.html
○日本の防疫措置(在ドイツ日本国大使館ホームページ)
 https://www.de.emb-japan.go.jp/itpr_ja/konsular_coronavirus200313-1.html#05bouekitaisakuJ2

【参考】
■外務省海外安全ホームページ(ドイツ)
 https://www.anzen.mofa.go.jp/info/pcinfectionspothazardinfo_165.html#ad-image-0
■在ドイツ日本国大使館ホームページ(新型コロナウイルスに関する最新情報)
 https://www.de.emb-japan.go.jp/itpr_ja/konsular_coronavirus200313-1.html
■在ハンブルク日本国総領事館ホームページ(新型コロナウイルスの特設ページ)
 https://www.hamburg.emb-japan.go.jp/itpr_ja/11_000001_00022.html
■ドイツ連邦保健省(新型コロナウイルスに係る最新情報)
 https://www.bundesgesundheitsministerium.de/coronavirus.html
■ロベルト・コッホ研究所(新型コロナウイルスに関するQ&A)
 https://www.rki.de/SharedDocs/FAQ/NCOV2019/FAQ_Liste.html
 https://twitter.com/rki_de
■ドイツ連邦外務省(渡航情報)(最新情報)
 https://www.auswaertiges-amt.de/de/ReiseUndSicherheit/reise-und-sicherheitshinweise/letzteaktualisierungen
■厚生労働省
○新型コロナウイルスに関するQ&A
 https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/kenkou_iryou/dengue_fever_qa_00001.html
○水際対策の抜本的強化に関するQ&A
 https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/kenkou_iryou/covid19_qa_kanrenkigyou_00001.html
○感染症情報
 https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/kenkou_iryou/kenkou/kekkaku-kansenshou/index.html
○咳エチケット
 https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000187997.html
■世界保健機関(WHO)
 https://www.who.int/health-topics/coronavirus
 https://twitter.com/who
■在留届(3か月以上滞在される方)/ 「たびレジ」(3か月未満の渡航の方)
 https://www.ezairyu.mofa.go.jp/index.html
■スマートフォン用 海外安全アプリ
 https://www.anzen.mofa.go.jp/c_info/oshirase_kaian_app.html

(お問合わせ先)
在ハンブルク日本国総領事館
Rathausmarkt 5 20095 Hamburg
電話:040-3330-170(閉館時は緊急電話対応業者につながります)
FAX:040-3039-9915
E-mail:hamburg-ryoji@bo.mofa.go.jp
URL:https://www.hamburg.emb-japan.go.jp/itprtop_ja/index.html


--
 

絵本、 育児書売ります

 投稿者:絵本  投稿日:2021年 3月14日(日)17時55分44秒
編集済
  世界の名作シリーズ 23冊 まとめて8ユーロ
アンパンマンしょうぼうたい 3ユーロ
なぞらずうまくなるひらがな練習帳 (未使用) 4ユーロ
子育てハッピーエッセンス 100% 2ユーロ
子育てハッピーアドバイス 小児科 2ユーロ
男の子を伸ばす母親はここが違う 1ユーロ
親バカ力 2ユーロ
子供へのまなざし 3ユーロ
子供が育つ魔法の言葉 3ユーロ
出来る子の親がしている70の習慣 2ユーロ

郵送可能、 取りに来られる場合はピンネベルグ近郊になります。

hamburger-jp@hotmail.com
 

日本の水際対策強化(現地出国前コロナ検査証明不所持者の上陸拒否)

 投稿者:編集部  投稿日:2021年 3月11日(木)05時27分0秒
  在ハンブルク日本国総領事館から連絡が来ましたので下記に添付します。

○3月19日以降、日本への全ての入国者は、現地出国前72時間以内に実施したコロナ検査の陰性証明書を必ず提出することとなりました。検査証明書を提出できない方は、検疫法に基づき、日本への上陸が認められませんので、ご注意ください。
○日本政府が指定する検査証明書のフォーマットが改定されました。

1 検査証明不所持者の上陸拒否
 2020年12月31日以降、検疫措置が強化され、ドイツからの入国者・再入国者・帰国者は、現地出国前72時間以内に受検したコロナ検査の陰性証明の提出が必要となっています。
 3月19日以降、検査証明を提出できない方は、検疫法に基づき、日本への上陸が認められないため、航空機への搭乗も拒否されることとなりますので、十分ご注意ください。

2 検査証明書のフォーマット
(1)日本政府が指定するコロナ検査証明のフォーマットが改定され、認められる検査方法が追加となりました。
ただし、採取検体(鼻咽頭ぬぐい液(Nasopharyngeal Swab)または唾液(Saliva))には変更ございません。
新たなフォーマットはこちらをご確認ください。
 https://www.mhlw.go.jp/content/000728923.docx
 https://www.mhlw.go.jp/content/000728924.docx
(2)上記(1)の指定フォーマットによる検査証明発行に対応する医療機関がない場合には、下記(ア)~(ウ)のすべての情報が英語で明記されていれば、任意のフォーマットの提出も可とされています。
(ア)人定事項(氏名、パスポート番号、国籍、生年月日、性別)
(イ)COVID-19の検査証明内容(検査手法(所定のフォーマットに記載されている採取検体、検査法に限る)、検査結果、検体採取日時、検査結果決定年月日、検査証明交付年月日)
(ウ)医療機関等の情報(医療機関名(又は医師名)、医療機関住所、医療機関印影(又は医師の署名、電子署名、レターヘッド))
(3)検査方法等の詳細につきましては、以下の厚生労働省ウェブサイトをご確認ください。
 https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000121431_00209.html

3 その他
 これまでにお知らせした日本への入国・帰国にあたっての基本的な流れ(現地出国前72時間以内に実施したコロナ検査の陰性証明の提出、誓約書の提出、質問票Webへの登録、到着時のコロナ検査等)に変更はありません。
 なお、3月5日以降、過去14日以内にドイツに滞在し、ドイツから日本へ到着した全ての方は、入国後の3日間(入国の翌日から起算して3日)は、検疫所の確保する宿泊施設等で待機していただくこととなっていますので、併せご留意ください。

【本件に関するお問い合わせ先】
○厚生労働省新型コロナウイルス感染症相談窓口(検疫の強化について)
 海外から電話の場合:+81-3-3595-2176(日本語、英語、中国語、韓国語に対応)
 国内から電話の場合:0120-565-653
 照会受け付け時間:日本時間 午前9時~午後9時(土日祝日も可)

(お問合わせ先)
在ハンブルク日本国総領事館
Rathausmarkt 5 20095 Hamburg
電話:040-3330-170(閉館時は緊急電話対応業者につながります)
FAX:040-3039-9915
E-mail:hamburg-ryoji@bo.mofa.go.jp
URL:https://www.hamburg.emb-japan.go.jp/itprtop_ja/index.html

--
 

日本の水際対策強化(ドイツ等に対する変異株流行国・地域としての追加的検疫措置)

 投稿者:編集部  投稿日:2021年 3月 3日(水)02時24分55秒
  在ハンブルク日本国総領事館から連絡が来ましたので下記に添付します。

3月2日、新型コロナウイルス変異株の感染拡大を受けて、日本国政府はドイツほか12か国・地域を新型コロナウイルス変異株・流行地域に追加指定し、水際対策強化に係る新たな措置を発表しました。

○【広域情報】新型コロナウイルス感染症に関するドイツ他12か国・地域に対する新たな水際対策措置(外務省)
https://www.anzen.mofa.go.jp/info/pcwideareaspecificinfo_2021C038.html

 日本への入国・帰国にあたっての基本的な流れ(現地出国前72時間以内に実施したコロナ検査の陰性証明の提出、誓約書の提出、質問票Webへの登録、到着時のコロナ検査等)に変更はありませんが、過去14日以内にドイツに滞在し、3月5日(金)午前0時(日本時間)以降にドイツから日本へ到着した全ての方は、少なくとも入国後の3日間(入国の翌日から起算して3日)は、検疫所の確保する宿泊施設等で待機していただくこととなりました。

 入国の翌日から起算して3日目(現地出国前に受検したコロナ検査の陰性証明を提出できない方は、3日目と6日目)に改めてコロナ検査を行い、陰性と判定された場合は、検疫所が確保した宿泊施設を退所し、公共交通機関を使わずに、自宅又はご自身で確保した宿泊施設に移動して、残りの期間(入国の翌日から起算して14日間)を自宅等で待機していただくこととなります。

 詳しくは以下の厚生労働省ホームページをご覧ください。
○新型コロナウイルス変異株流行国・地域への指定について(ドイツほか)(厚生労働省)
 https://www.mhlw.go.jp/content/000747462.pdf
○水際対策に係る新たな措置(厚生労働省)
 https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000121431_00209.html
○水際対策の抜本的強化に関するQ&A(厚生労働省)
 https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/kenkou_iryou/covid19_qa_kanrenkigyou_00001.html#Q1-1

【本件に関するお問い合わせ先】
○厚生労働省新型コロナウイルス感染症相談窓口(検疫の強化について)
海外から電話の場合:+81-3-3595-2176(日本語、英語、中国語、韓国語に対応)
国内から電話の場合:0120-565-653
照会受け付け時間:日本時間 午前9時~午後9時(土日祝日も可)
 

ピアノの生徒さん募集

 投稿者:Shino Nakamikawa  投稿日:2021年 2月13日(土)18時40分18秒
  日本の音楽大学、ハンブルクで音楽院を卒業後、現在ピアノの出張レッスンを行なっています。
ピアノ教師歴は10年ほどで、初心者から経験者までその方に合った指導を心がけています。
現在生徒さん達の年齢は3歳から70代の方までで様々ですが、皆楽しくピアノを弾いています。発表会も大好評でした。
ご興味のある方は、いつでもご連絡ください。

nshino21635@gmail.com
Shino Nakamikawa
 

日本の水際対策強化(ドイツにおけるコロナ検査機関)

 投稿者:編集部  投稿日:2021年 2月 2日(火)15時23分59秒
  在ハンブルク日本国総領事館から連絡が来ましたので下記に添付します。

現在、全ての入国者に対し出国前検査証明提出が必要とされていることを踏まえ、ドイツ全国に拠点のあるコロナ検査センターを調査しましたので、以下のとおりお知らせします。
 ただし、各検査センターの情報については今後変更される可能性もありますので、受検にあたっては検査方法や検査にかかる所要時間等について、必ず事前に各検査センターにご確認いただくようお願いします。
 なお、以下の検査センターはあくまでも一例であり、日本の検査証明フォーマットに明記された基準を満たしていれば、その他の検査センターや医療機関の検査結果でも問題ございません。

1 水際対策の強化
 現在、全ての国・地域からの入国者、再入国者及び帰国者は(日本国籍者を含む)、現地出国前72時間以内に実施したコロナ検査の陰性証明の提出が必要となっています。
○水際対策にかかる新たな措置(全ての入国者に対する出国前検査証明の導入)(厚生労働省)
 https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000121431_00209.html

2 検査証明のフォーマット
 検査証明のフォーマットについては、以下の外務省ホームページをご覧ください。
○有効な「出国前検査証明」フォーマット(外務省ホームページ)
 https://www.mofa.go.jp/mofaj/ca/fna/page25_001994.html
 このフォーマットに記載のすべての情報が英語で明記されていれば、検査機関所定の任意書式でも可(任意書式の証明書には、氏名、旅券番号、国籍、生年月日、性別、検査手法、検査結果、検体摂取日時、検査結果決定年月日、検査証明交付年月日、医療機関名、医療機関住所、医師の署名又は医療機関公印が必要となります)。

3 ドイツにおける検査機関
 検査にあたっては、あらかじめ採取検体、検査方法をご確認ください。
○採取検体:鼻咽頭ぬぐい液(Nasopharyngeal Swab)または唾液(Saliva)
○検査方法:核酸増幅検査(nucleic acid amplification test(real time RT-PCR))または核酸増幅検査(nucleic acid amplification test (LAMP))または抗原定量検査(quantitative antigen test (CLEIA))

(1)BCRT(ベルリン渡航・熱帯医学センター)(再掲載)
 https://www.bcrt.de/75-1-Corona-PCR-Tests.html
○ベルリンのほか、ドレスデン、ケルン、フランクフルト、ハンブルク、ミュンヘン、シュトュットガルトにテストセンターあり。
○日本政府が指定する検査フォーマットへの記入可(予約・検査時に依頼)。
○鼻咽頭ぬぐい液(Nasopharyngeal Swab)による核酸増幅検査(RT-PCR)を選択。
○検査から結果までの所要時間:通常24~48時間(PCRテスト)

(2)MEDICARE Testzentrum(新規)
 https://www.covid-testzentrum.de/
○ベルリン空港、ドルトムント空港のほか、ドイツ全国に24拠点(新たにハンブルク、ハノーファーを含む9拠点開設準備中)
 https://www.covid-testzentrum.de/standorte
○日本政府が指定する検査フォーマットへの記入可(予約時に依頼するとともに、検査フォーマットに氏名等必要事項を記入の上、事前にテストセンターにメールにて送付)。
○鼻咽頭ぬぐい液(Nasopharyngeal Swab)による核酸増幅検査(RT-PCR)を選択。なお、抗原検査は日本が指定するCLEIA法ではないため選択不可。
○検査から結果までの所要時間:通常24~36時間(PCRテスト)
 https://www.covid-testzentrum.de/faq

(3)Corona Test Point(新規)
 https://corona-test-point.de/
○ケルン、デュッセルドルフ、ベルリン、ハンブルク、ミュンヘン
 https://corona-test-point.de/standorte/
○日本政府が指定する検査フォーマットへの記入可(オンライン予約時に英語のフォーマットを選択すると、日本を含む各国のフォーマットが選択可能)。
○鼻咽頭ぬぐい液(Nasopharyngeal Swab)による核酸増幅検査(RT-PCR)を選択。なお、抗原検査は日本が指定するCLEIA法ではないため選択不可。
○検査から結果までの所要時間:通常24時間(PCRテスト)
 https://corona-test-point.de/faq/

4 日本到着以降の検疫措置
 現地出国前72時間以内にコロナ検査を受け、陰性証明をもって日本に渡航しても、本邦到着時には改めて検査を受けていただくこととなります。また、空港検査において陰性判明後、入国し、公共交通機関を使わずに自宅等の滞在先に向かい、その後14日間は自宅等において待機することが要請されていますので、ご留意ください。

5 質問票Webの事前登録
 日本到着時に提出が求められている検疫質問票については、従来の紙ベースの質問票に代わり、電子質問票(質問票Web)の運用が始まっています。ご自身のスマートフォンやタブレットから「質問票Web」にアクセスし、情報を入力した後に発行されるQRコードを検疫官へ提出するものです。また、この質問票Webに加え、別途日本到着便の機内において「健康カード」が配布されますので、日本到着時には検疫官に対し「質問票Web入力後に発行されたQRコード」と「健康カード」の双方を提出してください。
スマートフォンやタブレットなどのデバイスをお持ちでない場合は、到着空港に設置されたPC端末の利用が可能ですが、台数に限りがあるため、可能な限り事前(出発前)に入力しておくことをお勧めします。
 なお、航空機搭乗前の入力は必ずしも求められていませんが、航空会社によっては「質問票Web」への入力後に発行されるQRコードを提示しないと搭乗手続きができない、としている航空会社もありますので、日本への入国・帰国を予定されている方はご注意ください。
○質問票Webへの到着前入力(厚生労働省)
 https://p-airnz.com/cms/assets/JP/pdf/questionnaire_website_jp.pdf
○質問票Webへのアクセス
 https://arqs-qa.followup.mhlw.go.jp/#/

【問い合わせ窓口】
○厚生労働省新型コロナウイルス感染症相談窓口(検疫の強化)
日本国内から:0120-565-653
海外から:+81-3-3595-2176(日本語、英語、中国語、韓国語に対応)
○出入国在留管理庁(入国拒否、日本への再入国)
  電話:(代表)03-3580-4111(内線4446、4447)
○外国人在留支援センター内外務省ビザ・インフォメーション
  電話:0570-011000(ナビダイヤル:案内に従い、日本語の「1」を選んだ後、「5」を押してください。)一部のIP電話からは、03-5363-3013
 

ドイツにおける制限処置

 投稿者:編集部  投稿日:2021年 1月17日(日)18時48分24秒
   

日本の水際対策強化にかかる新たな措置(誓約書の導入等)

 投稿者:編集部  投稿日:2021年 1月15日(金)23時15分31秒
  在ハンブルク日本国総領事館から連絡が来ましたので下記に添付します。

●1月14日より、全ての入国者を対象とした新たな水際措置として、日本の検疫措置を遵守する旨の誓約書の提出が必要となりました。
●日本到着時には、「質問票Web」に必要な情報を入力し発行されたQRコード(事前取得可)を検疫官に提示する必要があります。
 詳細は以下の本文をよくお読みください。

1 日本の検疫措置を遵守する旨の誓約書
 1月14日より、全ての入国者を対象とした新たな水際措置として、日本の検疫措置(入国後14日間の公共交通機関不使用、14日間の自宅または宿泊施設での待機、位置情報の保存、保健所等から位置情報の提示を求められた場合には応ずること等)を遵守する旨の誓約書の提出が必要となりました。
●誓約書のフォーマット
 日本語:https://www.mofa.go.jp/mofaj/files/100136899.pdf
 英語:https://www.mofa.go.jp/files/100136939.pdf

 誓約に違反した場合、検疫法上の「停留」の対象になり得るほか、日本人については氏名等が公表され得る、外国人(在留資格保持者)については氏名等が公表されるとともに、在留資格取り消し手続及び退去強制手続の対象となり得ますので、ご注意ください。
 なお、誓約書を提出しない者に対しては、検疫所長の指定する場所(検疫所が確保する宿泊施設)で14日間待機することが要請されます。

2 質問票Webの事前登録
 日本到着時には、検疫所への質問票の提出が求められていますが、これまで日本到着便機内で配布されてきた質問票が電子化され、ご自身のスマートフォンやタブレットで「質問票Web」に事前に情報を入力し、発行されたQRコードを日本到着時に検疫官へ提示する必要があります。
 航空機搭乗前の入力は必ずしも求められていませんが、航空会社によっては「質問票Web」への入力後に発行されるQRコードを提示しないと搭乗手続きができない、としている航空会社もありますので、日本への入国・帰国を予定されている方はご注意ください。
○質問票Webへの到着前入力(厚生労働省)
 https://p-airnz.com/cms/assets/JP/pdf/questionnaire_website_jp.pdf
●質問票Webへのアクセス
 https://arqs-qa.followup.mhlw.go.jp/#/

3 詳細につきましては、以下の外務省ホームページをご確認ください。
●新型コロナウイルス感染症に関する水際対策の強化に係る措置について
 https://www.mofa.go.jp/mofaj/ca/fna/page4_005130.html#section2
●新型コロナウイルス感染症に関する緊急情報(海外安全ホームページ)
 https://www.anzen.mofa.go.jp/
●Border enforcement measures to prevent the spread of novel coronavirus (COVID-19)
 https://www.mofa.go.jp/ca/fna/page4e_001053.html

【問い合わせ窓口】
●厚生労働省新型コロナウイルス感染症相談窓口(検疫の強化)
 日本国内から:0120-565-653
 海外から:+81-3-3595-2176(日本語、英語、中国語、韓国語に対応)
●出入国在留管理庁(入国拒否、日本への再入国)
  電話:(代表)03-3580-4111(内線4446、4447)
●外国人在留支援センター内外務省ビザ・インフォメーション
  電話:0570-011000(ナビダイヤル:案内に従い、日本語の「1」を選んだ後、「5」を押してください。)一部のIP電話からは、03-5363-3013
(お問合わせ先)
在ハンブルク日本国総領事館
Rathausmarkt 5 20095 Hamburg
電話:040-3330-170(閉館時は緊急電話対応業者につながります)
FAX:040-3039-9915
E-mail:hamburg-ryoji@bo.mofa.go.jp

・・
 

日本に対する入国制限の解除(ドイツ)

 投稿者:編集部  投稿日:2021年 1月 1日(金)21時12分6秒
  在ハンブルク日本国総領事館から連絡が来ましたので下記に添付します。

あけましておめでとうございます。本年も宜しくお願いいたします。
● 2021年1月1日、ドイツ連邦政府は日本に対する入国制限措置を解除する旨発表しました。1月1日から、日本からの渡航者(短期渡航者、長期滞在者)は、従前どおりドイツに入国することが可能となります。
● ただし、入国制限解除対象国については、一定の基準に従って定期的に見直されていますので、引き続きドイツ連邦政府の発表に留意してください。
● なお、検疫措置に関しては、ロベルト・コッホ研究所が指定するリスク地域からの入国にあたって10日間の自宅隔離が義務化されていますが、1月1日現在、日本はリスク地域に指定されていませんので、隔離義務、保健局への連絡、事前のデジタル入国登録は必要ありません。

1 )日本に対する入国制限の解除
 2021年1月1日、ドイツ連邦政府は日本に対する入国制限措置を解除する旨発表しました。
 1月1日から、日本からの渡航者(短期渡航者、長期滞在者)は、従前どおり(事前の滞在許可取得や出張理由書等を準備することなく)ドイツに入国することが可能となります。

2 )解除対象国の選定基準と見直し
 欧州委員会は、各国の疫学的状況と封じ込め対策、相互主義的観点、欧州疾病予防管理センター(ECDC)や世界保健機関(WHO)等からの関連情報等を勘案して、2週間毎に入国制限解除対象国の見直しをしています。また、ドイツ連邦政府もこの欧州委員会の勧告やロベルト・コッホ研究所が発表するリスク地域指定等を踏まえて、定期的に入国制限解除対象国の見直しをしていますので、引き続きドイツ連邦政府の発表にご留意ください。

3 )ドイツ入国後の検疫措置
 検疫措置に関しては、ロベルト・コッホ研究所が指定するリスク地域からの入国にあたって10日間の自宅隔離が義務化されていますが、1月1日現在、日本はリスク地域に指定されていませんので、隔離義務、保健局への連絡、事前のデジタル入国登録は必要ありません。

(お問合わせ先)
在ハンブルク日本国総領事館
Rathausmarkt 5 20095 Hamburg
電話:040-3330-170(閉館時は緊急電話対応業者につながります)
FAX:040-3039-9915
E-mail:hamburg-ryoji@bo.mofa.go.jp
・・
 

アプリカ ベビーカー

 投稿者:ベビーカー  投稿日:2020年12月27日(日)23時39分20秒
  アプリカのミッキーのベビーカーを買い取っていただけるかた、探してます。
ご興味のある方はお写真をお送りします。
下のサイトの写真と全く同じものです。
kiki.amina@icloud.com

https://wowma.jp/item/466818656?aff_id=kwm

 

新型コロナウイルス感染症に関する新たな水際対策措置

 投稿者:編集部  投稿日:2020年12月26日(土)23時27分29秒
  外務省領事サービスセンター(海外安全相談班)から連絡が来ましたので下記に添付します。

●12月26日、日本において新たな水際対策措置が決定されました。
https://corona.go.jp/news/pdf/mizugiwataisaku_20201226.pdf
●本件措置の主な点をお知らせ致しますので、日本への御帰国等の際には、御留意いただくとともに、最新の情報を御確認ください。


12月26日、日本において新たな水際対策措置が決定されました。本件措置の主な点は以下のとおりです。

●全ての国・地域からの新規入国の一時停止
  本年10月1日から、防疫措置を確約できる受入企業・団体がいることを条件として、原則として全ての国・地域からの新規入国を許可しているところですが、本年12月28日から明年1月末までの間、この仕組みによる全ての国・地域(既に12月23日及び25日に決定を行っている英国及び南アフリカを除く)からの新規入国を拒否することとなります。

(注1)上記に基づく措置は、12月28日午前0時(日本時間)から行われます。
(注2)この仕組みを使うことを前提とした発給済みの査証を所持する者については、原則として入国を認めます。ただし、本邦への上陸申請日前14日以内に英国または南アフリカにおける滞在歴のある者、並びに令和3年1月4日午前0時(日本時間)以降の入国者で、本邦への上陸申請日前14日以内に感染症危険情報レベル3(渡航中止勧告)対象国・地域における滞在歴のある者を除きます。

●全ての国・地域への短期出張からの帰国・再入国時における特例措置の一時停止(日本国籍者も対象)
  本年11月1日から、日本在住の日本人及び在留資格保持者を対象に、全ての国・地域への短期出張からの帰国・再入国時に、防疫措置を確約できる受入企業・団体がいることを条件に、14日間待機緩和を認めているところですが、本年12月28日から明年1月末までの間、この仕組みによる全ての国・地域(既に12月23日及び25日に決定を行っている英国及び南アフリカを除く)からの帰国者・再入国者については14日間待機緩和を認めないこととします。

●検疫の強化
国内で変異ウイルスの感染者が確認されたと政府当局が発表している国・地域(英国及び南アフリカを除く)(注1)からのすべての入国者及び帰国者(ビジネス・トラック及びレジデンス・トラックによる入国者及び帰国者を除く。)について、本年12月30日から明年1月末までの間、出国前72時間以内の検査証明を求めるとともに、入国時の検査を実施します。検査証明を提出できない方に対しては、検疫所長の指定する場所(検疫所が確保する宿泊施設に限る。)で14日間待機することを要請します。

 (注1)該当する国・地域は、外務省及び厚労省において確認の都度、指定し公表します。12月26日現在、該当する国・地域は以下のとおりです。
   フランス、イタリア、アイルランド、アイスランド、オランダ、デンマーク、ベルギー、オーストラリア、イスラエル
(注2)本邦への上陸申請日前14日以内に注1の国・地域に滞在歴のある入国者及び帰国者を対象とします
(注3)上記に基づく措置は、12月30日午前0時(日本時間)から行うものとします。今後指定された国・地域については、指定の日の4日後の日の午前0時から実施します。

外務省領事サービスセンター(海外安全相談班)
〒100 - 8919
東京都千代田区霞が関2-2-1
電話:03-3580-3311 内線 2902

--
 

ドイツにおける水際措置(英国発航空便の着陸禁止措置

 投稿者:編集部  投稿日:2020年12月22日(火)02時19分21秒
  在ハンブルク日本国総領事館から連絡が来ましたので下記に添付します。

● ドイツ政府は12月21日からさしあたり12月31日までの間、英国からの旅客便の着陸を禁止。
● 英国への渡航、または同国の経由便を予定されている方は、最新情報の入手に努めてください。

1 英国において新型コロナウイルスの変異種が確認されたことを受け、ドイツ連邦交通省は12月21日からさしあたり12月31日までの間、英国からの旅客便の着陸を禁止しました(貨物便等は対象外)。

2 シュパーン連邦保健大臣は、現在のところドイツ国内において変異種は確認されていないとしていますが、変異種は、従来のウイルスに比し感染力が強いと考えられるとしています。

3 英国への渡航、または同国の経由便を予定されている方は、航空便運航状況について改めて航空会社に確認するなど、最新情報の入手に努めてください。

(ドイツ連邦政府ウェブサイト)
https://www.bundesregierung.de/breg-de/themen/coronavirus/reiseeinschraenkungen-gb-1830730

(お問合わせ先)
在ハンブルク日本国総領事館
Rathausmarkt 5 20095 Hamburg
電話:040-3330-170(閉館時は緊急電話対応業者につながります)
FAX:040-3039-9915
E-mail: hamburg-ryoji@bo.mofa.go.jp
URL: https://www.hamburg.emb-japan.go.jp/itprtop_ja/index.html

--
 

ドイツにおける防疫措置(ドイツ国内における新型コロナウイルスのワクチン接種に向けた動き)

 投稿者:編集部  投稿日:2020年12月20日(日)21時33分14秒
  在ハンブルク日本国総領事館から連絡が来ましたので下記に添付します。

12月18日、シュパーン連邦保健大臣は、ドイツにおける新型コロナウイルスのワクチン接種について記者会見を行い、ドイツに居住するすべての人が接種対象であるとした上で、ワクチン供給量に限りがあることから、接種の優先順位を付ける必要がある旨発表しています。
 この記者会見にかかるドイツ連邦保健省プレスリリースの概要は以下のとおりです。

1 シュパーン連邦保健大臣は、新型コロナウイルスのワクチン接種に関する政令を提示した。この政令は、新型コロナウイルスのワクチン接種を、誰にいつ行うかを規定しており、誰が最初にワクチン接種できるかが明確化される。

2 ワクチン接種を希望する全ての人のための十分なワクチンが無いため、高齢者施設や介護施設の入所者、80歳以上の者、及び高齢者と接する介護職員や高齢者施設職員が、最も優先度の高いグループ(第1グループ)として最初の接種対象となる。

3 連邦各州が12月27日にワクチン接種を開始する際には、上記に加え、第1グループには、集中治療、緊急治療及び救急サービスに従事する者等、新型コロナウイルスに曝されるリスクが非常に高い医療スタッフが含まれる。また、重大な疾病又は死亡に至るリスクが高い疾病の患者、例えば移植医療の患者を看護する看護師も含まれる。

4 上記の最も脆弱な人が保護された後、ワクチン接種は段階的に拡大されるが、この最初の目標を達成するには、少なくとも1~2か月が必要とされる。

5 政令によれば、次に優先度の高いグループ(第2グループ)には、70歳以上の全ての者、及び臓器移植を行った者等の重篤な疾患のリスクが高い者が含まれる。また、機動隊員のほか、要介護者・妊婦等と濃厚に接触する者も含まれる。

6 第3グループには、60歳以上の者、慢性腎臓病・慢性肝疾患・自己免疫疾患・癌等の疾病リスクが高い者、家庭医や検査機関のスタッフが含まれる。警察、消防、教育、司法分野の職員も含まれる。また、小売業の販売員に加え、季節労働者・配送センター及び食肉加工業の労働者等の困難な労働条件で働いている者も含まれる。

7 ワクチン接種の有無を問わず、対人間隔の確保、公衆衛生規則の遵守、日常的なマスク着用が全ての人に引き続き適用される。

8 ドイツ国内で法的又は私的に健康保険に加入している者、ドイツに住所を有する者、ドイツに日常的に滞在している者、またはドイツ国内の特定の介護施設や別途規定される施設等で働いている全ての者は、ワクチン接種の権利を有する。
 連邦政府は、ドイツにおいて接種される全てのワクチンを調達し、その費用を負担し、連邦各州により設置される供給センターへの配布を行う。
 州政府と地方自治体はワクチン接種センター、移動チーム、現場における接種について調整する。
 州政府等は、最初のワクチン接種と日程の調整に責任を持つ。
 新型コロナウイルスについての重要な問題については、連邦保健省が対応する。
○ドイツ連邦保健省プレスリリース
 https://www.bundesregierung.de/breg-de/aktuelles/corona-impfverordnung-1829940
○ワクチン接種に関するQ&A(ドイツ連邦保健省ホームページ)
 https://www.bundesgesundheitsministerium.de/coronavirus/faq-covid-19-impfung.html

--
 

FFP2マスクが無料で入手出来ました。

 投稿者:SWR3  投稿日:2020年12月17日(木)20時58分13秒
  本日12月17日に薬局へ行ってパスポートを見せたら無料でFFP2-マスク(3枚セット)もらえました。ただし60歳以上または呼吸器官に疾患のある人のみですけど。。。。そしてこのマスク、、、中国製。苦笑)12月31日までは無料で配布してもらえます。  

ドイツにおける防疫措置(各種制限措置の更なる強化)

 投稿者:編集部  投稿日:2020年12月14日(月)15時59分43秒
  在ハンブルク日本国総領事館から連絡が来ましたので下記に添付します。

ドイツにおける新型コロナウイルス感染者数が依然として拡大している現状を踏まえ、12月13日、メルケル首相と各州首相による協議が行われ、現在講じられている各種制限措置では十分とは言えず、更なる感染拡大を防ぎ、感染経路を追跡し得る水準まで低下させる必要があるとして、概要以下のとおり各種制限措置の更なる強化が発表されました。
この強化措置は、さしあたり12月16日(水)~2021年1月10日(日)までの間有効です。

●各種制限措置:これまでに連邦と州で合意した各種制限措置は、原則として2021年1月10日まで引き続き有効。
●接触制限の厳格化:友人・知人、親族との私的な集まりは、自らの世帯及びもう一世帯に属する者による合計で最大5人までに制限(14歳以下の子供はこの制限人数には含まれない)。
●クリスマス期間の接触制限緩和:各連邦州の感染状況に応じ、12月24日~26日までのクリスマス期間は、自らの世帯に加え親族4人までの私的な集まりは可能(この場合、2世帯を超える、または5人を超える集まりも可能。14歳以下の子供はこの制限人数には含まれない)。
●集会の禁止:大晦日及び元日にはドイツ全土で群がり集まること及び集会が禁止される。さらに、人で賑わう公共の場所での花火は禁止。原則として大晦日前の花火の販売は禁止。
●店舗の営業:小売店(Einzelhandel)は閉鎖(食料品や生活必需品の販売を除く)。
●サービス業の営業:ボディーケア分野におけるサービス業(理髪店、コスメティックサロン、マッサージ、タトゥースタジオ等)は閉鎖。
●学校:原則として閉校または出席義務を免除。保育園も同様に閉鎖。
●雇用主への要請:会社を休みとするか、在宅勤務によって会社を閉鎖しうるか検討。
●飲食店:デリバリーサービス、持ち帰りサービスのみ可能(その場での飲食は禁止)。公共空間におけるアルコールの消費は禁止。
●教会等での礼拝等:教会、シナゴーグ、モスクでの礼拝や集会は、最低1.5メートルの対人距離の確保、着席時も含むマスク着用義務及び合唱の禁止が遵守される場合のみ、許可。
●介護施設等及び訪問介護サービス:従業員に対する定期的なコロナ検査など、特別な保護措置が講じられなければならない。
●旅行:ドイツ国内及び国外への必要不可欠でない旅行の自粛。
●経済支援:制限措置によって打撃を受けた企業、自営業者及びフリーランス等に対して引き続き財政的支援を実施。

この連邦と州の決定事項の概要詳細については、以下の在ドイツ日本国大使館ホームページ等をご確認ください。
(在ドイツ日本国大使館ホームページ)
 https://www.de.emb-japan.go.jp/itpr_ja/konsular_coronavirus131220.html

(お問合わせ先)
在ハンブルク日本国総領事館
Rathausmarkt 5 20095 Hamburg
電話: 040-3330-170(閉館時は緊急電話対応業者につながります)
FAX: 040-3039-9915
E-mail: hamburg-ryoji@bo.mofa.go.jp
URL: https://www.hamburg.emb-japan.go.jp/itprtop_ja/index.html


 

FFP2マスクが無料で入手出来ます。

 投稿者:SWR3  投稿日:2020年12月10日(木)23時07分28秒
  ドイツ厚生労働省はFFP2マスクを無償で提供すると発表しました。ただしコロナで重症化しやすい人のみです。薬局で入手可能です。身分証明書などの提示を求められます。
詳細は下記日本語サイトで!
https://translate.google.com/translate?sl=de&tl=ja&u=https://www.swr3.de/aktuell/nachrichten/ffp-masken-spahn-100.html?fbclid%3DIwAR0GLuCCw3smZZaDtimdKI_rQxCOnkvea5QX-cgKoWY4VheVnoDH-rCT9Ag%23utm_source%3DFacebook%26utm_medium%3Dshare%26utm_campaign%3Dswr3.de
 

コスメティカリン募集

 投稿者:裕美  投稿日:2020年12月10日(木)06時55分39秒
  新規サービスにつきコスメティカリンを探しています。
母国語が日本語または、日本語が堪能な方希望です。
ご興味のある方はご連絡いただければ幸いです、宜しくお願い致します。

https://biolounge-shop.com/

 

レンタル掲示板
/172