teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 <思いやりのあるコミュニティ宣言>
 teacup.掲示板は、皆様の権利を守りながら、思いやり、温かみのあるコミュニティづくりを応援します。
 いつもご協力いただきありがとうございます。

 投稿者
  題名
  内容 入力補助<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ]

スレッド一覧

  1. ジョッキーさんへ(1)
スレッド一覧(全1)  他のスレッドを探す 

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成


当館管轄4州における防疫措置(マスク着用義務に関する決定と検討の現状)

 投稿者:編集部  投稿日:2020年 4月23日(木)16時16分56秒
  在ハンブルク日本国総領事館から連絡が来ましたので下記に添付します。

ハンブルク州及びニーダーザクセン州では4月27日から,シュレスヴィッヒ・ホルシュタイン州では4月29日から特定の場所でマスクの着用が義務づけられます。ブレーメン州については,4月24日に決定予定とされています。

1 ハンブルク州
21日,ハンブルク州政府は,4月27日から,公共近郊交通機関,定期市場,店舗内でのマスクの着用を義務化することを決定・発表しました。なお,このマスクは,医療従事者用のものではなく日常用のもの,また,自家製の布マスクでも問題ないとされています。その他マスク着用に関する詳細については,今後公表される州の政令において規定されるとしており,具体的にはその政令を確認する必要があります。

2 シュレスヴィッヒ・ホルシュタイン州
22日,シュレスヴィッヒ・ホルシュタイン州政府は,4月29日から,公共近郊交通機関(タクシーを含む),店舗内で,口と鼻を覆うものを着用することを義務化することを決定・発表しました。「口と鼻を覆うもの」とは,布製のものでもスカーフやハンカチ・タオル、その他の裂地でも、口と鼻を完全に覆うのに適したものであれば良いとしていますが,詳細は,24日にも決定予定とされる州の指令において規定されるとしていますので,具体的にはその指令を確認する必要があります。

3 ニーダーザクセン州
22日,ニーダーザクセン州政府は,4月27日から,公共近郊交通機関内と買い物の際に口と鼻を覆うことを義務化することを発表しました。詳細については,検討中であり,追って発表されるとしていますので,具体的にはそれを確認する必要があります。

4 各州政府は,マスク着用は追加的な予防措置であり,対人間で適切な距離を維持すること,また所定の衛生措置をとることは引き続き遵守すべきとしていますので,十分ご注意いただくようお願いします。

5 各州の現時点での関連情報は,以下をご覧ください。
○ハンブルク州(州公式ウェブサイトに掲載されているマスク着用関連情報)
(マスクの義務化開始について)
https://www.hamburg.de/faq-corona-beratung/#neunundzwanzig
(布製マスクについて)
https://www.hamburg.de/coronavirus/gesundheit/13858126/community-masks/
(州内でのマスク購入場所等について)
https://www.hamburg.de/zuhause/13858182/masken/

○シュレスヴィッヒ・ホルシュタイン州(州政府プレスリリース)
https://www.schleswig-holstein.de/DE/Landesregierung/I/Presse/PI/2020/Corona/200422_Maskenpflicht.html

○ニーダーザクセン州(州政府プレスリリース)
https://www.stk.niedersachsen.de/startseite/der_ministerprasident/aktuelles/ministerprasident-stephan-weil-zum-coronavirus-186204.html

【参考】
■在ドイツ日本国大使館ホームページ(新型コロナウイルスに関する最新情報)
https://www.de.emb-japan.go.jp/itpr_ja/konsular_coronavirus200313-1.html
■在ハンブルク日本国総領事館ホームページ(新型コロナウイルスの特設ページ)
https://www.hamburg.emb-japan.go.jp/itpr_ja/11_000001_00022.html
■ドイツ連邦保健省(新型コロナウイルスに係る最新情報)
https://www.bundesgesundheitsministerium.de/coronavirus.html
■ロベルト・コッホ研究所(新型コロナウイルスに関するQ&A)
https://www.rki.de/SharedDocs/FAQ/NCOV2019/FAQ_Liste.html
https://twitter.com/rki_de
■ドイツ連邦外務省(渡航情報)(最新情報)
https://www.auswaertiges-amt.de/de/ReiseUndSicherheit/reise-und-sicherheitshinweise/letzteaktualisierungen
■厚生労働省
○新型コロナウイルスに関するQ&A
https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/kenkou_iryou/dengue_fever_qa_00001.html
○水際対策の抜本的強化に関するQ&A
https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/kenkou_iryou/covid19_qa_kanrenkigyou_00001.html
○感染症情報
https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/kenkou_iryou/kenkou/kekkaku-kansenshou/index.html
○咳エチケット
https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000187997.html
■世界保健機関(WHO)
https://www.who.int/health-topics/coronavirus
https://twitter.com/who
■在留届(3か月以上滞在される方)/ 「たびレジ」(3か月未満の渡航の方)
https://www.ezairyu.mofa.go.jp/index.html
■スマートフォン用 海外安全アプリ
https://www.anzen.mofa.go.jp/c_info/oshirase_kaian_app.html

(お問い合わせ先)
在ハンブルク日本国総領事館
Rathausmarkt 5
20095 Hamburg
電話: 040-3330-170(閉館時は緊急電話対応業者につながります)
FAX: 040-3039-991
 
 

『知ってるつもり?!現代口語文法』(Youtubeによる無料レッスンのご案内)

 投稿者:ペンギン先生  投稿日:2020年 4月22日(水)07時02分32秒
  今や学校教育の現場でもおろそかにされがちな日本語文法。

学校の先生に時間的な余裕がなく、なかなか思うに授業準備に時間が回せない。。。

特に国語は、このところ英語の早教育に押されて授業時間も減らされてしまい、風前の灯状態。。。
読解を進めるだけで手一杯なので、そのしわ寄せが文法学習にきてしまう。。。

こうなると学習塾に小中学生の頃通っている子どもたちしか、現代日本語文法を学ぶチャンスがなかったりします。

本当にこれで良いのでしょうか?


大ベストセラー『国家の品格』の著者であるお茶の水女子大学名誉教授の藤原正彦先生も、日本人の基本は、「読み書きそろばん」と仰っています。それすなわち、国語と数学のお勉強です。


先生は中学生の時分から外国語に興味を持ち、フランス語やドイツ語を独学で習得してしまった方。

アメリカ・ミシガン大やイギリス・ケンブリッジ大学に客員として留学経験もあります。

その方が、「英語をどうこう言う前に、日本人なら母国語の日本語できちんと論理的に自分の考えを表明できるようにならなければいけない」と、著書の中で繰り返し主張されてきました。


私も国語のプライベート講師ですから、先生の意見に賛成です。

どんなに英語が流ちょうになっても、所詮私たちは日本人なのです。そこを忘れてはならないと思います。

日本語の乱れがこのところ目に余ります。それは間違いなく、学校教育の現場で国語が軽んじられているからです。


Youtubeというプラットフォームを使ってドイツ語講座を配信しているので、「この際、母国語の文法講座も開講しよう!」と思い立ちました。

小学生から社会人の方まで、すべての世代の日本人に是非視聴していただきたいです。


日本語の文法を学ぶと、英語やドイツ語を学ぶ際に言語間比較ができるので、日本語の優秀さを再認識できますし、外国語の習得にも大いに役立ちます。

日本語の面白さ、他の言語にはない柔軟さも体感できます。日本語は非常によくできた言語です。


もっともっと母国語に興味を持ってほしい!その一念で動画を配信していきます。

その名も『知ってるつもり?!現代口語文法』です。



目標は毎日配信。

目標レベルは、高校受験の難関校で出題される文法問題も難なく正解できるくらいまで到達すること。

是非チャンネル登録していただいて、最後までご視聴ください。


なお本講座は、2020年3月にVolkshochschule Düsseldorf (VHS Düsseldorf デュッセルドルフ市民学校)にて開講予定でした『現代日本語口語文法』の内容を簡略化することなくフルバージョンでお送りするものです。
講義は30回くらいで完結することを見込んでいます。


一人でも多くの方が母国語である日本語に興味をいただいてくれるなら、これ以上の喜びはありません。


ではYoutubeでお会いいたしましょう!

http://www.youtube.com/channel/UCrnun8qRofQAIbw7Upp4ifQ

 

オンライン無料の両親学級

 投稿者:Yogaflower26  投稿日:2020年 4月18日(土)19時49分55秒
  4月25日ドイツ時間14時から15時半にて、@じょさんしオンラインにて、ボランティアによるオンラインの両親学級を開催します。テーマは海外生活での産後の過ごし方と新生児ケア&準備。ZOOMにて行います、3大陸で勤務経験のある助産師たちが集結する特別企画です。コロナで妊婦健診が受けられない方が多いので、この企画を立ち上げていますのので、この機会をぜひご利用ください。登録フォームよりお申し込みください。(登録&受講ともに無料です。)

https://coubic.com/josanshi-online/796420?fbclid=IwAR23n8WoTtdyZv2kCUNoFz8iNWua2e14gJIJ6nWXh1nrwNIvFFDE3xhDyZY

 

【広域情報】ラマダン月に伴う注意喚起

 投稿者:編集部  投稿日:2020年 4月17日(金)18時28分1秒
  外務省海外安全ホームページから連絡が来ましたので掲載します。

●4月24日(金)頃から5月26日(火)頃は,イスラム教のラマダン月及びラマダン明けの祭り(イード)に当たります。
●近年,ラマダン月及びその前後に世界中で多くのテロ事件が発生しています。
●ISILは機関誌において,新型コロナウイルスの感染拡大の中で欧米諸国が麻痺と恐怖に襲われていることにつけ込み,欧米諸国に対して攻撃を仕掛けるよう呼びかけています。
●外務省海外安全ホームページに掲載されているテロ・誘拐情勢のほか,危険情報,感染症危険情報,入国・行動制限措置に関する情報や各国国内の行動制限等の最新情報の入手に努めつつ,安全確保に十分注意を払ってください。

詳細は以下のリンク先をご確認ください。
(PC)==> https://www.anzen.mofa.go.jp/info/pcwideareaspecificinfo_2020C047.html
 

ドイツにおける防疫対策(制限措置の緩和にかかる連邦政府と各州政府の合意事項)

 投稿者:編集部  投稿日:2020年 4月16日(木)17時59分30秒
  在ハンブルク日本国総領事館から連絡が来ましたので下記に添付します。

4月15日,メルケル・ドイツ首相は記者会見を行い,現在実施されている制限措置の緩和に関する連邦政府と各州政府の間の合意事項を発表しました。なお,この合意に基づいて,今後,各州政府は具体的な措置を定める政令を策定する予定ですので,各州政府の発表に留意してください。
●制限措置が功を奏し,感染拡大のスピードは緩やかになっているが,成功は途中段階で脆弱なもの。制限緩和は慎重に一歩ずつ行う必要がある。
●連邦と州は以下の点につき合意。今後各州が具体的な内容を定める予定。
・接触制限等の措置は5月3日まで延長。
・引き続き他者との距離を取ることが重要。
・公共交通機関の利用や買い物に際し,マスクの着用を強く推奨。
・学校は5月4日以降段階的に再開される。まず5月4日以降,卒業試験や進学試験を控えている(高校や小学校の)最終学年等が再開される。
・大規模イベントは少なくとも8月31日まで禁止。
・800平方メートル以下の全ての店舗及び自動車・自転車取扱業者,書店は,適切な措置(衛生措置,入場人数規制,待機列の回避及び防護具の使用)を取ることを前提に,再開を認められる。
・理髪業は,適切な措置(衛生措置,入場人数規制,待機列の回避及び防護具の使用)を取ることを前提に,5月4日以降営業再開を認める。
・カフェ,レストラン,バー,デパート,ショッピングモールは引き続き営業できない。
・教会,モスク,シナゴーグ及びその他の宗教施設における会合は,引き続き禁止。
・市民は,私的な旅行や私的な訪問(親戚の訪問を含む)については,国内外を問わず引き続き行わないよう求められる。
●5月4日以降の措置については4月30日に連邦首相と州首相が協議を行い決定する。

4月15日,連邦政府と各州政府は,新型コロナウイルス感染拡大に伴う制限措置の緩和に関し電話会議を行いました。その後行われたメルケル首相による記者会見や連邦政府のプレスリリースにより,制限措置の緩和に関する連邦と州の合意事項が発表されたところ,概要以下のとおりです。

1 これまでの接触制限措置が功を奏し,新型コロナウイルスの感染拡大のスピードを緩め,医療体制のオーバーキャパシティを防ぐことに成功しているが,この成功は途中段階のもので脆弱なもの。これまで達成したことを無駄にしないためにも,制限措置の緩和は慎重に一歩ずつ行う必要がある。ワクチンや薬が開発されていない限り,我々はウイルスと共に生きる必要がある。

2 連邦と州は以下のとおり合意した(注:右合意に基づき,今後各州が具体的な内容を定める政令を策定予定)。
(1)3月12,16,22日に合意した措置(注:接触制限等の措置)については,下記の例外に該当しない限り5月3日まで延長される。
(2)最も重要な措置は,引き続き,他者との間で距離を取ること。他人と最低1.5メートルの距離を取り,公共空間における滞在は,単身か,または家族以外の1名,または家族の同伴に限り認められる。違反した場合は秩序局により罰せられる。
(3)市民に対し,公共交通機関の利用や買い物に際し,マスクの着用を強く推奨する。
(4)ア 教育に関し,緊急託児は継続され,利用可能職業種を拡大する。
イ 学校は5月4日以降段階的に再開される。まず5月4日以降,卒業試験や進学試験を控えている(高校や小学校の)最終学年等が再開される。各州文部大臣会合(Kultusministerkonferenz)は,4月29日までに学校における衛生措置,保護措置に関するコンセプトを策定することが求められる。
各学年及び保育所の再開時期については,感染者数の状況を踏まえ,連邦首相と各州首相が協議を行う。
ウ 高等教育機関に関しては,試験の実施や,研究室における実験が必要な場合には,特別な衛生保護措置の下で再開を認める。また,図書館や資料室に関しても,適切な措置(衛生措置,入場人数規制及び待機列の回避)が取られる場合には再開を認める。
(5)大規模イベントは少なくとも8月31日まで禁止。
(6)以下の店舗については,衛生措置,入場人数規制及び待機列の回避等の措置を取ることを前提に再開を認める。
○売場面積800平方メートル以下の全ての店舗
○売場面積に拘わらず,自動車・自転車取扱業者,書店
(7)客と距離を取ることが難しいサービス業のうち,さしあたり理髪業は,適切な措置(衛生措置,入場人数規制,待機列の回避及び防護具の使用)を取ることを前提に,5月4日以降営業再開を認める。
(8)カフェ,レストラン,バー,デパート,ショッピングモールは引き続き営業できない。
(9)教会,モスク,シナゴーグ及びその他の宗教施設における会合は,引き続き禁止。
(10)雇用主は従業員の保護に責任を有し,企業活動の再開に際して,衛生措置を実施し,可能な限りホームオフィスを導入する。
(11)部品の供給が滞っているため,製造上の問題が発生している。連邦及び州は,国際的なサプライチェーン回復のため,企業を支援する。
(12)市民は,私的な旅行や私的な訪問(親戚の訪問を含む)については,国内外を問わず引き続き行わないよう求められる。世界的な渡航制限は維持される。国内の宿泊施設は,観光目的でなく必要な場合には利用可能。入国者及び帰還者に対する2週間の隔離措置も継続する。輸送業従事者,越境通勤者及び職務上の旅行は引き続き認められる。
(13)その他,以下の措置につき合意した。
ア 感染経路の特定,検査の実施,接触の追跡を実施するため,公共保健制度の人員を拡大する(住民2万人あたり最低5名の医療チームを配置)。感染者数の多い地域では連邦軍が支援にあたる。
イ 感染者との接触を特定するため,欧州レベルにおけるトレーシング・アプリの開発を支持する。ただし,アプリの利用については,利用者の自由意志に基づくものとする。
ウ 感染者の早期特定,必要な隔離措置及び接触者特定のため,検査のキャパシティを拡大する。
エ 医療用感染防護具の調達に際し,連邦は州を支援する。感染防護具の独や国外での生産は拡大される。
オ 介護施設,老人ホーム及び障害者施設等の感染リスクが高い施設においては,特別な保護措置が取られなければならない。ただし,該当者が社会的な孤立を感じないよう,配慮する。
カ 連邦と州は,特に感染者の多い地域を支援する用意を行う。
キ 連邦政府は,ワクチン開発に携わる独企業及び国際機関を支援する。
ク 連邦政府は,引き続きWHO等を中心とした新型コロナウイルス研究に協力する。
(14)適切な措置をとるため,連邦首相と州首相が2週間毎に感染の状況,経済・社会の状況の評価を行い,その後の措置を決定する。今次措置は5月3日までのものであり,5月4日以降の措置については4月30日に連邦首相と州首相が協議を行い決定する。

○連邦政府プレスリリース
https://www.bundeskanzlerin.de/bkin-de/aktuelles/telefonschaltkonferenz-der-bundeskanzlerin-mit-den-regierungschefinnen-und-regierungschefs-der-laender-am-15-april-2020-1744228

【参考】
■外務省海外安全ホームページ(ドイツ)
https://www.anzen.mofa.go.jp/info/pcinfectionspothazardinfo_165.html#ad-image-0
■在ドイツ日本国大使館ホームページ(新型コロナウイルスに関する最新情報)
https://www.de.emb-japan.go.jp/itpr_ja/konsular_coronavirus200313-1.html
■ドイツ連邦保健省(新型コロナウイルスに係る最新情報)
https://www.bundesgesundheitsministerium.de/coronavirus.html
■ロベルト・コッホ研究所(新型コロナウイルスに関するQ&A)
https://www.rki.de/SharedDocs/FAQ/NCOV2019/FAQ_Liste.html
https://twitter.com/rki_de
■ドイツ連邦外務省(渡航情報)(最新情報)
https://www.auswaertiges-amt.de/de/ReiseUndSicherheit/reise-und-sicherheitshinweise/letzteaktualisierungen
■厚生労働省
○新型コロナウイルスに関するQ&A
https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/kenkou_iryou/dengue_fever_qa_00001.html
○水際対策の抜本的強化に関するQ&A
https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/kenkou_iryou/covid19_qa_kanrenkigyou_00001.html
○感染症情報
https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/kenkou_iryou/kenkou/kekkaku-kansenshou/index.html
○咳エチケット
https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000187997.html
■世界保健機関(WHO)
https://www.who.int/health-topics/coronavirus
https://twitter.com/who
■在留届(3か月以上滞在される方)/ 「たびレジ」(3か月未満の渡航の方)
https://www.ezairyu.mofa.go.jp/index.html
■スマートフォン用 海外安全アプリ
https://www.anzen.mofa.go.jp/c_info/oshirase_kaian_app.html

(お問い合わせ先)
在ハンブルク日本国総領事館
Rathausmarkt 5
20095 Hamburg
電話: 040-3330-170(閉館時は緊急電話対応業者につながります)
FAX: 040-3039-991
 

『大人のドイツ語講座』(Youtubeによる無料レッスン)

 投稿者:ペンギン先生  投稿日:2020年 4月11日(土)20時48分6秒
  もう『駅前留学は要らない』を合言葉に、ドイツ語の無料レッスンを行います。
インターネットに接続できる環境があれば、すぐにドイツ語の学習を始めることができます。

プライベートレッスン講師として8年間指導してきたノウハウをすべて公開しています。
皆様にドイツ語を楽しく学んでほしいとの思いから、Youtube上に動画配信を開始いたしました。
毎日新しい単元の動画をアップしています。

このレッスンを受講するのに一切費用はかかりません。

必要なのはただ一つ。

ドイツ語を学ぼうとする気持ちだけです。
https://www.youtube.com/channel/UCrnun8qRofQAIbw7Upp4ifQ

プロフィールなどは、以下のサイトをご覧ください。
https://penginsensei.wixsite.com/deutschland

ブログも書いています。
https://ameblo.jp/ktk-87/

プライベートレッスンをご希望の方は是非一度メールにてお問い合わせください。
無料で体験レッスンを受講できます。
下記のメールアドレスへご一報お寄せください。
ktk_steinmeyer@yahoo.de

http://www.youtube.com/channel/UCrnun8qRofQAIbw7Upp4ifQ

 

私がお約束します。連邦政府を頼ってください。

 投稿者:編集部  投稿日:2020年 4月10日(金)18時10分58秒
  自宅隔離から無事に陰性となり戻ってきたメルケル首相の言葉。安倍首相にも伝えたい!

https://courrier.jp/news/archives/196465/?fbclid=IwAR0FXQzttrIIrOedGUqFw2Elje3uJFQHEEzyrUpAnLyHzTiDXUoThrS_HiQ


 

オンラインで各教科の補習授業、語学レッスン

 投稿者:F+Uアカデミーオブランゲージ  投稿日:2020年 4月 6日(月)21時01分53秒
  F+Uアカデミーオブランゲージよりお知らせをさせて頂きます。

弊社では、子供さん向けに、各教科、ドイツ語&英語のオンライン補習授業と、成人向けのドイツ語、英語のグループコースやマンツーマンレッスンをご提供しています。外出できないお子様やご自身のお時間をオンラインレッスンで活用してみてはいかがでしょうか。お友達とご一緒の小グループコースも割安でお得です。
http://www.fuu-heidelberg-languages.eu/new_live_online_courses/

ご興味がある方は以下まで日本語にてご連絡ください。
japanzentrum@fuu.de(担当:ノイス)

外出できない大変な時ですが、気を紛らせていい時間を過ごせるといいですね。皆様、ご自愛ください。

http://www.fuu-heidelberg-languages.eu/new_live_online_courses/

 

無料のオンライン両親学級のお知らせ

 投稿者:Yogaflower26  投稿日:2020年 4月 3日(金)21時58分24秒
  ハンブルクで子育てサークル、子どもカフェを運営しているリーメンシュナイダー裕子です。
オンラインでの助産師相談&講座をお届けする、じょさんしonlineにこの度所属しました。

現在緊急企画として世界中の助産師がボランティアとして、無料で両親学級や助産師相談を行っております。

4月9日(木)10時~11時半(ドイツでの妊娠生活と出産)、4月19日(日)12時~13時半(ドイツでの産後の生活とベビーについて)
オンラインの無料講座をZOOMにて行います。
ご希望の方はお気軽に、yogaflower26@gmail.comまでご連絡ください。詳細をお送りさせて頂きます。

https://josanshi-cafe.com/consultation/koronakikaku/

 

コロナ感染対応に関するご案内

 投稿者:DJFE e.V 福祉部  投稿日:2020年 4月 3日(金)01時26分53秒
編集済
  DJFE e.V. 福祉部より皆さまにHamburger Abendblatt 2020年4月1日付と116 117 等からの情報を簡約してお送りします。

内容
A.コロナウィルスに感染した(かもしれない)と思われたら??
B.電話問い合わせ先
C.コロナウィルスのテストについて
D.ホームドクターへ行く場合
.................................................................................

A. コロナウィルスに感染した(かもしれない)と思われたら

1.自宅待機をしてください他人との接触をひかえ、咳やくしゃみなどの飛沫感染を防いでください。(かなり疑わしい場合、家族とも部屋を分け、できる限り2m離れてください。家族を守るためにも手を清潔に保ち、できる限りマスクを使用してください。)

2.ホームドクターに連絡を取ってください。発熱・咳・息切れなどの症状がある場合、ホームドクターに電話で問い合わせてください。

3.ホームドクターに連絡が取れず、症状が見られる場合は116117へ連絡を取ってください。
過去14日間に感染地域に滞在した場合、
過去14日間にコロナウィルス反応陽性の者と接触があった場合、
保健局からコロナウィルス患者と接触があったとされた場合は116117へ連絡を取ってください。?

B. 電話問い合わせ先

ハンブルクコロナウィルスに関する質問等
Hotline 24時間対応 040 428 284 000
症状がある場合 116 117(上記3.参照)

シュレスヴィヒ・ホルスタイン
市民相談0431 79 70 00 01
患者相談 0800 01 17 722
Pinneberg市民相談 04121 45 02 50 00

C.コロナウィルスのテストについて(https://www.116117.de/de/coronavirus.php?より)?

コロナウィルスのテストが行われるかどうかは医師が判断します。
ホームドクターへ行く前に電話で確認を取ってください!
テストを受けた後は結果が出るまでの間、自宅待機を続けてください。
そして家族とも部屋を分け、できる限り2m離れてください。
家族を守るためにも手を清潔に保ち、できる限りマスクを使用してください。

ロバート・コッホ・インスティテュートによると現在症状が出ていない人にテストは必要なく、これまでの研究から潜伏期間は14日間で、現在症状の出ていない場合テスト結果は陰性でも将来かかる可能性はあり、テストは現在症状の出ている人に振り分けてほしいとのことです。
そのため、ウィルス感染者と接触があったとしても症状がなければテストは行わず、自宅待機をしてください。
そしてもし症状が出た場合、ホームドクターに電話やメールで連絡を取ってください。

D. ホームドクターへ行く場合直接訪れず、電話かメールで指示を仰いでください。
そしてなぜコロナウィルスを疑っているのか(感染地域にいた、患者と接触があったなど)話してください。
医師がテストの必要性を判断します。
ホームドクターへ行く場合はできる限り他人との接触がないようにしてください。
事前に医師の指示を仰がずに医院内へは入らないでください。
医院によっては通常の患者とは別れた入口、コロナウィルスを疑われる患者のための待合室を設けているところもあります。入口の表示に注意してください。

.................................................................................

なお、今後もコロナ感染収束対策に関する最新情報に関しては在ハンブルク日本総領事館から出されている案内を常時ご確認いただけますようお願いいたします。
リンク:https://www.hamburg.emb-japan.go.jp/itpr_ja/11_000001_00022.html??

皆さまには引き続きお体を大切になさってください。
DJFE福祉部より?

公益法人 独日フォーラム・エルベ
Deutsch-Japanisches Forum Elbe e. V.?
Home?www.djfe.de
Face Book?www.facebook.com/djfeev

http://www.djfe.de

 

★英語・ドイツ語・中国語オンラインレッスン★ 空いた時間で新しい言語を学んでみませんか?

 投稿者:Global Education  投稿日:2020年 4月 2日(木)21時05分23秒
  ・新しい言語を学びたいと思っている方
・家にいて時間が余りすぎている方
・新しいことにチャレンジしようと思っている方

私たちがお手伝いします!
7年以上の語学の教育経験を持つ教師がオンラインにてレッスンを行います。

期間限定キャンペーンもあり、お試しで無料でレッスンしていただけます。
マンツーマンレッスン、グループレッスン、お子様のレッスンも、お申し込みいただけます。

レッスン、受講費、教科書に関しての詳しいお問い合わせはこちらのメールアドレスにて
お気軽にお問い合わせください。

mkato.utj@gmail.com

良心的な料金で承りたいと思っています。

加藤
 

オンライン・ハンブルク女子のカフェ

 投稿者:ホイスラー愛  投稿日:2020年 4月 2日(木)02時42分36秒
  こんにちは!
ハンブルク女子のカフェを主宰しておりますホイスラー愛と申します。

しばらく対面での交流会が難しいため、今月はオンラインでの
交流会を企画しました。

急なご案内ですが、

4月7日(火)14時~
オンラインビデオ会議ズームを使用して行います。

参加費は無料で、
ハンブルクに住んでいる方も以前ハンブルクに住んでいた方も参加できます。

参加希望の方は、メールでご連絡いただくか、下のフェイスブックイベントページより参加表明してください。

宜しくお願い致します!

メールアドレス liftingcommunication@gmail.com

https://www.facebook.com/events/531127327547128/

 

新型コロナウイルスとは何か・あなたは何をすべきか

 投稿者:編集部  投稿日:2020年 3月29日(日)17時49分14秒
  新型コロナウイルスに関する詳しい情報が満載の動画を紹介します。日本語字幕付き。

 

日本における水際対策強化,航空便の運航状況及びドイツでの乗り継ぎにあたっての留意点

 投稿者:編集部  投稿日:2020年 3月27日(金)05時03分50秒
  在ハンブルク日本国総領事館から連絡が来ましたので下記に添付します。

●3月26日,日本政府は「水際対策強化に係る新たな措置」を決定しました。ドイツを含め欧州各国からの入国が禁止されるほか(外国籍者対象),検疫が強化されます(国籍を問わず対象)。
●各航空会社はフライトの減便やキャンセルを発表しています。状況は時々刻々と変化していますので,ご自身の搭乗予定のフライトについて,今一度各航空会社の最新の運航状況をご確認ください。
●第三国からドイツで乗り継いで日本へ帰国する場合の留意点についてとりまとめましたので,以下の本文をご覧ください。

1 日本における水際対策強化
https://www.anzen.mofa.go.jp/info/pcwideareaspecificinfo_2020C041.html
(1)3月26日,日本政府は「水際対策強化に係る新たな措置」を決定しました。ドイツを含め欧州各国からの入国が禁止されるほか,検疫が強化されます。
(ア)入国制限:外国籍者のみ対象です(日本国籍者は従来どおり入国(帰国)可能)。
(イ)検疫強化:過去14日以内にドイツを含め欧州各国等の入国禁止対象地域に滞在したことのある方は,入国(帰国)時にPCR検査を受け,その結果が出るまでは検疫所長が指定する場所で待機することとなります。
 また,引き続き,ドイツを含め欧州各国から帰国した場合は,健康状態に異状のない方も含め,検疫所長の指定する場所(自宅など)で14日間待機し,空港等からの移動も含め電車,バス,タクシー,国内線航空便などの公共交通機関を使用しないことが要請されていますので,併せご留意ください。

○厚生労働省 電話相談窓口
 日本国内からの通話:0120-565653(フリーダイヤル)
 国外からの通話:+81-3-3595-2176(日本語・英語・中国語・韓国語)
○水際対策の抜本的強化に関するQ&A(厚生労働省)
https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/kenkou_iryou/covid19_qa_kanrenkigyou_00001.html

2 航空便の運航状況
 各航空会社はフライトの減便やキャンセルを発表しています。状況は時々刻々と変化していますので,ご自身の搭乗予定のフライトについて,今一度各航空会社の最新の運航状況をご確認ください。
  現時点での主なフライト運航状況は以下の在ドイツ日本国大使館ホームページに掲載していますのでご確認ください。
https://www.de.emb-japan.go.jp/itpr_ja/konsular_coronavirus200313-1.html#06koukuubin

3 ドイツでの乗り継ぎにあたっての留意点
(1)空路
 日本人が,第三国から空路でドイツに到着し,トランジット(入国を伴わずトランジットエリア内で乗り継ぎ)で日本へ帰国することは可能です。
(2)陸路
 オーストリア,スイス,フランス,ルクセンブルク,デンマークとのシェンゲン協定域内国境では,3月16日以降,国境管理が開始されており,ドイツ連邦内務省は「十分に合理的な理由のない者」については,ドイツへの入国を拒否するとしています。
 その上で,例外的に入国を許可するかどうかについては,入国審査を行う係官によって個別具体的な事情を踏まえて判断されますが,一般的に,日本人が,日本または長期滞在資格が与えられた国へ帰国する際に,ドイツを経由することは可能とされています。
 ただし,下記の点にご留意ください。
○入国審査を行う係官が「速やかに,かつ,確実にドイツを出国することについての疑義」があると認めれば,入国は拒否される。このような疑義を生じさせないため,旅券等のほか,少なくとも日本までのチケットの提示が必要となる。
○より合理的な旅行経路が他に存在する場合など,ドイツへの入国が不可欠ではないと判断された場合,入国は拒否される。

4 ドイツ政府や日本政府の防疫対策など,下記の各項目につき,累次の注意喚起をとりまとめ,在ドイツ日本国大使館ホームページ上で公開しています。
 今後,状況の変化に応じて,随時内容を更新していきますので,ご確認ください。
https://www.de.emb-japan.go.jp/itpr_ja/konsular_coronavirus200313-1.html
 

ドイツに対する感染症危険情報の引き上げ(レベル3:渡航中止勧告)

 投稿者:編集部  投稿日:2020年 3月24日(火)03時55分10秒
  在ハンブルク日本国総領事館から連絡が来ましたので下記に添付します。

●欧州各国における感染拡大を受けて,23日,日本政府はドイツを含む欧州各国に対する感染症危険情報レベルを,「レベル3:渡航は止めてください(渡航中止勧告)」に引き上げました。
●ドイツに渡航・滞在中の皆様におかれましては,感染症の更なる拡大やさらなる行動制限措置の可能性も念頭に,最新情報の収集と感染予防に万全を期してください。
●在ドイツ日本国大使館及び各総領事館では,在留邦人の皆様の最新の滞在状況を把握するためのアンケート調査を行いますので,以下ご確認の上,是非ご協力ください。
●なお,3月21日以降,引き続き欧州諸国からの入国者に対する14日間の検疫措置(待機要請)が行われています(国籍を問わず対象)ので,ご留意ください。
詳しくは下記の本文をよくお読みください。

1 日本政府による感染症危険情報(レベル3への引き上げ)
欧州各国における感染拡大を受けて,23日,日本政府はドイツを含む下記の欧州各国(注)に対する感染症危険情報レベルを,「レベル3:渡航は止めてください(渡航中止勧告)」に引き上げました。
https://www.anzen.mofa.go.jp/info/pchazardspecificinfo_2020T072.html#ad-image-0

(注)アンドラ,イタリア(※),エストニア,オーストリア,オランダ,スイス(※),スペイン(※),スロベニア,デンマーク,ドイツ,ノルウェー,バチカン,フランス,ベルギー,マルタ,モナコ,リヒテンシュタイン,ルクセンブルク
(※を付した国のうち,既にレベル3を発出している地域については,レベル3を継続)

2 ドイツに渡航・滞在中の皆様におかれましては,感染症の更なる拡大やさらなる行動制限措置の可能性も念頭に,最新情報の収集と感染予防に万全を期してください。
また,手洗い・うがい・咳エチケットの徹底に加え,ドイツ政府が発表した接触制限にかかるガイドラインや各州が定める政令(外出制限等)に従い,可能な限り接触機会を減らすなど,感染予防に一層努めてください。

3 在ドイツ日本国大使館及び各総領事館では,在留邦人の皆様の最新の滞在状況を把握するためのアンケート調査を行いますので,以下ご確認の上,是非ご協力ください。
ドイツに渡航・滞在中の皆様におかれましては,このメールに返信する形で,以下をご回答下さい。

(1)3月23日現在,ドイツ(管轄公館)に「いる」または「いない」
(2)氏名(該当するご家族の氏名もご記入下さい)
(3)電話番号
(4)住所
なお,緊急時の連絡等に必要となりますので,在留届の届出内容を今一度ご確認いただくとともに,住所,電話番号等に変更がある場合は変更届を,すでに転出した場合は転出届をご提出ください。

4 3月21日以降,ドイツを含むシェンゲン協定加盟国,アイルランド,アンドラ,イラン,英国,エジプト,キプロス,クロアチア,サンマリノ,バチカン,ブルガリア,モナコ,ルーマニアの全域からの入国者については,検疫所長の指定する場所で14日間待機し,日本国内では公共交通機関を使用しないことを要請するなど,水際対策がさらに強化されています。
この措置は,一部の例外措置はありますが,国籍を問わず(日本国籍者も含む),日本への乗り継ぎ(トランジット)の場合にも適用されますので,ドイツに渡航・滞在中の邦人の皆様は,十分ご留意ください。
https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/kenkou_iryou/covid19_qa_kanrenkigyou_00001.html

5 ドイツ政府や日本政府の防疫対策など,下記の各項目につき,累次の注意喚起をとりまとめ,在ドイツ日本国大使館ホームページで公開しています。
今後,状況の変化に応じて,随時内容が更新されますので,ご確認ください。
https://www.de.emb-japan.go.jp/itpr_ja/konsular_coronavirus200313-1.html
 

家電お譲りします

 投稿者:帰国セール  投稿日:2020年 3月24日(火)03時32分40秒
  4月末で日本に帰国するため、不要となった家電製品をお譲りいたします。
ご興味のある方は下記連絡先のメールアドレスにご連絡下さい。
引き渡し方法:引き取り(ハンブルク市内当方自宅) or 近隣であれば当方で運送可能(応相談)
先着順とさせて頂きます。
連絡先:kamomecafe123@yahoo.co.jp

〇ホームベーカリー(新品未開封)
 Panasonic SD-2511 w(ホワイト)
 https://www.panasonic.com/de/consumer/kueche-haushalt/brotbackautomaten/sd-2511w.html
 価格:80ユーロ
 引き渡し時期:いつでも可

〇55インチ液晶テレビ(中古1年使用)
 Panasonic TX-55 FXW 654 (ブラック)
 サイズ:高さ779mm×横幅1240mm×奥行242mm
 https://www.panasonic.com/de/consumer/flachbildfernseher/4k-ultra-hd-tv/fxw654-serie/tx-55fxw654.html
 価格:250ユーロ
 引き渡し時期:4/18~4/22

〇冷凍冷蔵庫(中古1年使用)
 BOMANN KG 320.1 白 A++
 サイズ:高さ143.0 x 横幅49.5 x 奥行56.2 cm
 https://www.bomann.de/products/de/Bomann-Elektro-Grossgeraete/Kuehl-Gefrierkombinationen/Bomann-Kuehl-Gefrierkombination-KG-3201-weiss.html
 価格:100ユーロ
 引き渡し時期:4/18~4/22

〇ハンドブレンダー(中古1年使用)
 BOSCH StabmixerErgoMixx 600 W Weiss MSM66120
 https://www.bosch-home.com/de/produktliste/kuechengeraete/stabmixer/ergomixx-stabmixer/MSM66120
 価格:20ユーロ
 引き渡し時期:いつでも可
 

【緊急】ドイツにおける新型コロナウイルス対策(ドイツ国内の更なる防疫対策)

 投稿者:編集部  投稿日:2020年 3月23日(月)08時47分12秒
  在ハンブルク日本国総領事館から連絡が来ましたので下記に添付します。

●3月22日,メルケル・ドイツ首相は,新型コロナウイルスの更なる拡散を防止するために,連邦政府と各州政府の間で合意した,新たなガイドラインを発表しました。
これは3月12日に発表したガイドラインをさらに拡大して,ドイツ全土において,統一した社会生活上の接触制限措置を定めるものです。
なお,各連邦州の防疫措置については,在ドイツ日本国大使館ホームページに順次掲載されていますので,併せご確認ください。

1 同居家族等以外の他人との接触は絶対に必要な最低限とすること。

2 公共空間において,他人との距離を必ず最低1.5メートル,可能であれば2メートル以上とること。

3 公共空間における滞在は,単身か,または家族以外の1名,または家族の同伴に限り認められる。

4 職場への通勤,緊急時ケア(託児,高齢者介護等),買い物,通院,試験や会議等重要な日程,他者の支援,個人によるスポーツ,屋外での新鮮な空気を吸うための運動やその他必要な活動のための外出は,引き続き認められる。

5 ドイツにおける深刻な状況に鑑み,グループによるパーティーは,公共の場所か私的な空間(住居)かを問わず許容されない。秩序局または警察が取り締まり,違反行為には罰則が適用される。

6 すべての飲食店は閉鎖する。ただし配達サービスや持ち帰り等により,個人が自宅で飲食するための料理の販売は例外。

7 理髪業,美容サロン,マッサージ業,タトゥー業など,身体のケアに関わるサービス業は,近距離での身体の接触を避けられない職種であり,本ガイドラインに合致しないため,すべて閉鎖する。ただし,医療上必要な治療は引き続き認められる。

8 人々との接触があり得るすべての現場については,公衆衛生に関する規則を守り,従業員や訪問客に対する効果的な保護措置を実施することが重要である。

9 上記の措置の適用期間は最短2週間とする。

○ドイツ連邦政府プレスリリース
https://www.bundesregierung.de/breg-de/themen/coronavirus/besprechung-von-bundeskanzlerin-merkel-mit-den-regierungschefinnen-und-regierungschefs-der-laender-zum-coronavirus-1733266

○ドイツにおける新型コロナウイルスに関する最新情報(在ドイツ日本国大使館ホームページ)
https://www.de.emb-japan.go.jp/itpr_ja/konsular_coronavirus200313-1.html

【参考】
■外務省海外安全ホームページ(ドイツ)
https://www.anzen.mofa.go.jp/info/pcinfectionspothazardinfo_165.html#ad-image-0
■ドイツ連邦保健省(新型コロナウイルスに係る最新情報)
https://www.bundesgesundheitsministerium.de/coronavirus.html
■ロベルト・コッホ研究所(新型コロナウイルスに関するQ&A)
https://www.rki.de/SharedDocs/FAQ/NCOV2019/FAQ_Liste.html
https://twitter.com/rki_de
■ドイツ連邦外務省(渡航情報)(最新情報)
https://www.auswaertiges-amt.de/de/ReiseUndSicherheit/reise-und-sicherheitshinweise/letzteaktualisierungen
■厚生労働省
○新型コロナウイルスに関するQ&A
https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/kenkou_iryou/dengue_fever_qa_00001.html
○水際対策の抜本的強化に関するQ&A
https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/kenkou_iryou/covid19_qa_kanrenkigyou_00001.html
○感染症情報
https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/kenkou_iryou/kenkou/kekkaku-kansenshou/index.html
○咳エチケット
https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000187997.html
■世界保健機関(WHO)
https://www.who.int/health-topics/coronavirus
https://twitter.com/who
■在留届(3か月以上滞在される方)/ 「たびレジ」(3か月未満の渡航の方)
https://www.ezairyu.mofa.go.jp/index.html
■スマートフォン用 海外安全アプリ
https://www.anzen.mofa.go.jp/c_info/oshirase_kaian_app.html

(お問合わせ先)
在ハンブルク日本国総領事館
Rathausmarkt 5
20095 Hamburg
電話:040-3330-170(閉館時は緊急電話対応業者につながります)
FAX:040-3039-9915
E-mail:hh-konsulat@bo.mofa.go.jp
URL:https://www.hamburg.emb-japan.go.jp/itprtop_ja/index.html

新型コロナウイルス関係のお問い合わせについては,在ドイツ日本国大使館でも受け付けています。
電話:030-210940(閉館時は緊急電話対応業者につながります)
E-mail:taishikan-ryoujibu@bo.mofa.go.jp
 

ハンブルク州,シュレスヴィッヒ・ホルシュタイン州及びニーダーザクセン州における新型コロナウイルス対策(追加措置)

 投稿者:編集部  投稿日:2020年 3月22日(日)04時26分4秒
  在ハンブルク日本国総領事館から連絡が来ましたので下記に添付します。

●20日,ハンブルク州,シュレスヴィッヒ・ホルシュタイン州及びニーダーザクセン州において新型コロナウイルス対策として,公的または私的な場における人の集まる行事についての制限措置,飲食店の閉鎖に関する追加措置が発表されました。
●ハンブルク州では,公共の場所における6人を超える人数の集まりを禁止(家族,職場,職業等の例外あり),レストランの閉鎖(テイクアウト,デリバリーを除く)等が4月16日まで適用されると発表されました。
●シュレスヴィッヒ・ホルシュタイン州では,公共の場所における5人を超える人数の私的集まり(家族によるものを除く)の禁止等が発表されました。なお,同州における飲食店の閉鎖(電話・電子上の注文による販売を除く)は4月19日まで適用されます。
●ニーダーザクセン州では,飲食店の閉鎖(21日午後6時から。電話・電子上の注文による販売を除く。)が発表されました。
●これら措置は,今後改定される可能性がありますので,ご留意願います。

1 ハンブルク州
20日,チェンチャー・ハンブルク州首相は会見にて,以下の追加措置等を発表しました。いずれも4月16日まで有効。
○飲食店の閉鎖(デリバリー,テイクアウトを除く。)
○次の場合を除き,公共の場所において6人を超える人数が集まることを禁止。
・家族又は家族的生活共同体の関係にある場合
・職務遂行の場合(独基本法第12条第1項にいうもので,別途規制のない場合)
・州議会議員,州政府構成員,憲法裁判所裁判官,連邦及び州の公務員等の公務遂行の場合
・外交団・領事団の職務遂行の場合
・医療機関における医療業務,保健衛生機関・薬局における業務遂行の場合
・裁判所・司法当局の業務遂行の場合(別途規制のない場合)
・州の法令に基づく感染克服のための業務遂行の場合
・報道機関の業務遂行の場合
・食料品及び生活必需品の調達に関する業務遂行の場合(食料品小売店,市場,集荷・配送,飲料品店,薬局,衛生関連店,ドラッグストア,ガソリンスタンド,銀行,郵便局,理髪・美容院,クリーニング,ランドリー,新聞販売,建築・造園関連販売店,動物関連グッズ店,大型店舗。ただし,人と人との間隔を最低1.5メートル確保する必要あり。)
・介護関連業務(別途規制のない場合)
・学校,幼稚園及び保育機関への児童生徒の送迎(別途規制のない場合)
・その他近しい家族の葬儀等
○上記はいずれも違反すると罰則が科せられる場合があります。
○今後さらなる厳しい追加措置を決定する可能性も示唆されています。
〇追加措置の詳細については,次のハンブルク州ホームページ(ドイツ語)でもご確認いただけます。
https://www.hamburg.de/allgemeinverfuegungen/13743758/2020-03-20-allgemeinverfuegung-ansammlungsverbot-schliessung-gaststaetten/#

2 シュレスヴィッヒ・ホルシュタイン(SH)州
○20日,SH州政府は,閣議決定により,参加者が5名を超える私的な集まり(一親等の家族によるものを除く)の禁止(4月19日まで有効)等を発表しました。詳細については,次のSH州ホームページ(ドイツ語)をご確認ください。
https://www.schleswig-holstein.de/DE/Landesregierung/I/Presse/PI/2020/MP/200320_Corona_Neuer_Erlass.html
○SH州における飲食店の閉鎖(電話・電子上の注文による販売を除く)は4月19日まで適用されます。詳細については,次のSH州ホームページ(ドイツ語)をご確認ください。
https://www.schleswig-holstein.de/DE/Schwerpunkte/Coronavirus/Erlasse/Landesverordnung_Corona.html

3 ニーダーザクセン(NI)州
 20日,ヴァイル州首相は会見にて,以下の追加措置等を発表しました。(いずれも4月18日まで有効。)
○飲食店(レストラン,カフェ)の閉鎖(3月21日午後6時から。電話・電子上の注文による販売を除く。)
○追加措置の詳細については,次のNI州ホームページ(ドイツ語)をご確認ください。
https://www.niedersachsen.de/Coronavirus/erlasse-und-allgemeinverfuegung/erlasse-und-allgemeinverfuegung-185856.html
○NI州では3月17日から屋外での10人を超える人数のあらゆる集まり等を禁止していますが,今後変更される可能性があります。

4 当館ホームページ上ではハンブルク州,ニーダーザクセン州,シュレスヴィッヒ・ホルシュタイン州,ブレーメン州に在留される皆さまに向けて,管轄州における感染状況や 皆さまに気をつけていただきたいこと等を取りまとめて掲載しておりますのでご参考にしてください。
https://www.hamburg.emb-japan.go.jp/itpr_ja/11_000001_00022.html

(お問合わせ先)
在ハンブルク日本国総領事館
Rathausmarkt 5
20095 Hamburg
電話:040-3330-170(閉館時は緊急電話対応業者につながります)
FAX:040-3039-9915
E-mail:hh-konsulat@bo.mofa.go.jp
URL:https://www.hamburg.emb-japan.go.jp/itprtop_ja/index.html

新型コロナウイルス関係のお問い合わせについては,在ドイツ日本国大使館でも受け付けています。
電話:030-210940(閉館時は緊急電話対応業者につながります)
E-mail:taishikan-ryoujibu@bo.mofa.go.jp
 

【緊急】ドイツにおける新型コロナウイルス対策(国境管理の強化等)(その2)

 投稿者:編集部  投稿日:2020年 3月19日(木)17時44分26秒
  在ハンブルク日本国総領事館から連絡が来ましたので下記に添付します。

●18日,ドイツ政府は,イタリア,スペイン,オーストリア,フランス,ルクセンブルク,デンマーク,スイスからドイツ国内に到着する航空機・船舶について,直ちに国境管理を開始する旨発表しました。
●緊急の渡航理由のない渡航者(短期旅行者等)は,このルートを通じた渡航が制限されます。緊急の渡航理由がある渡航者と,通勤者については,国境通過の必要性についての証拠の提示が求められます。
●なお,本件は3月15日にドイツ連邦内務省が発表した国境管理強化の追加措置であり,対象国としてイタリアとスペインが追加となったほか,陸路のみでなく,航空機・船舶を利用した移動についても新たに国境管理の対象とされるものです。
ドイツに渡航・滞在中の皆様におかれましては,常に最新情報の入手に努めるとともに,不要不急の渡航はお控えください。

1 ドイツ連邦内務省が発出したプレスリリースは以下のとおりです。
https://www.bmi.bund.de/SharedDocs/pressemitteilungen/DE/2020/03/corona-grenzkontrollen-see-luft.html
(1)ゼーホーファー・ドイツ連邦内務大臣は,18日の閣議決定に基づき,新型コロナウイルスによる感染の危険のさらなる抑制のための暫定的国境管理について,欧州域内の航空・海上交通へも拡大しました。
(2)イタリア,スペイン,オーストリア,フランス,ルクセンブルク,デンマーク,スイスから独国内に到着する航空機についても,直ちにシェンゲン協定域内国境管理を開始されます。これは,デンマークからの海上交通に対しても適用されます。
(3)緊急の渡航理由のない渡航者は,これらの交通ルートにおいて直ちに渡航が制限されます。緊急の渡航理由のある渡航者及び通勤者については,国境通過の必要性について証拠の携帯が求められます。
(4)連邦内務省は、全ての市民に対して、不要不急の渡航を取りやめるよう求めています。

2 ドイツ政府や日本政府の防疫対策など,下記の各項目につき,累次の注意喚起をとりまとめ,在ドイツ日本国大使館ホームページ上で公開しています。
今後,状況の変化に応じて,随時内容を更新していきますので,ご確認ください。
https://www.de.emb-japan.go.jp/itpr_ja/konsular_coronavirus200313-1.html
 

【緊急】日本政府の「水際対策の抜本的強化に向けた追加措置」(新型コロナウイルス対策)

 投稿者:編集部  投稿日:2020年 3月19日(木)07時51分59秒
  在ハンブルク日本国総領事館から連絡が来ましたので下記に添付します。

●今般,入国拒否の対象地域が欧州の一部地域まで拡大されるとともに,欧州諸国からの入国者に対して,14日間の検疫措置(待機要請)が実施されます。
詳しくは下記の本文をよくお読みください。

1 入国制限(外国人対象):新規拡大部分については3月19日午前0時(日本時間)より
本邦への上陸申請日前14日以内に,以下の地域に滞在歴がある外国人及び以下の地域で発行された旅券を所持する外国人は日本に入国することはできません。
上記1.の措置は,新規拡大部分について,3月19日午前0時から当分の間,実施されます。ただし,実施前に外国を出発し実施後に本邦に到着した方は対象としません。

○中国:湖北省,浙江省
○韓国:大邱広域市,慶尚北道(清道郡,慶山市,安東市,永川市,漆谷郡,義城郡,星州郡,軍威郡)
○アイスランド:全ての地域(新規)
○イラン:ギーラーン州,コム州,テヘラン州,アルボルズ州,イスファハン州,ガズヴィーン州,ゴレスタン州,セムナーン州,マーザンダラン州,マルキャズィ州,ロレスタン州
○イタリア:ヴェネト州,エミリア=ロマーニャ州,ピエモンテ州,マルケ州,ロンバルディア州,ヴァッレ・ダオスタ州(新規),トレンティーノ=アルト・アディジェ州(新規),フリウリ=ヴェネツィア・ジュリア州(新規),リグーリア州(新規)
○サンマリノ:全ての地域
○スイス:ティチーノ州(新規),バーゼル=シュタット準州(新規)
○スペイン:ナバラ州(新規),バスク州(新規),マドリード州(新規),ラ・リオハ州(新規)

2 検疫の強化(国籍を問わず対象):中国,韓国を除き3月21日午前0時(日本時間)より
中国,韓国,シェンゲン協定加盟国(注)又はアイルランド,アンドラ,イラン,英国,エジプト,キプロス,クロアチア,サンマリノ,バチカン,ブルガリア,モナコ若しくはルーマニアの全域からの入国者については,検疫所長の指定する場所で14日間待機し,日本国内では公共交通機関を使用しないことを要請するなど,水際対策をさらに強化します。
この措置は,一部の例外措置はありますが,国籍を問わず(日本国籍者も含む),日本への乗り継ぎ(トランジット)の場合にも適用されますので,ご注意ください。
上記2.の措置は,既に実施中の中国,韓国を除き,3月21日午前0時以降に出発し,本邦に来航する飛行機又は船舶を対象とし,当分の間,実施されます。なお,実施期間は更新される場合があります。
(注)アイスランド,イタリア,エストニア,オーストリア,オランダ,ギリシャ,スイス,スウェーデン,スペイン,スロバキア,スロベニア,チェコ,デンマーク,ドイツ,ノルウェー,ハンガリー,フィンランド,フランス,ベルギー,ポーランド,ポルトガル,マルタ,ラトビア,リトアニア,リヒテンシュタイン,ルクセンブルク

3 ドイツ政府や日本政府の防疫対策など,下記の各項目につき,累次の注意喚起をとりまとめ,在ドイツ日本国大使館ホームページ上で公開しています。
今後,状況の変化に応じて,随時内容を更新していきますので,ご確認ください。
https://www.de.emb-japan.go.jp/itpr_ja/konsular_coronavirus200313-1.html

【参考】
■ドイツ連邦内務省
https://www.bmi.bund.de/SharedDocs/pressemitteilungen/DE/2020/03/corona-reisebeschraenkungen.html
■外務省海外安全ホームページ(ドイツ)
https://www.anzen.mofa.go.jp/info/pcinfectionspothazardinfo_165.html#ad-image-0
■ドイツ連邦保健省(新型コロナウイルスに係る最新情報)
https://www.bundesgesundheitsministerium.de/coronavirus.html
■ロベルト・コッホ研究所(新型コロナウイルスに関するQ&A)
https://www.rki.de/SharedDocs/FAQ/NCOV2019/FAQ_Liste.html
https://twitter.com/rki_de
■ドイツ連邦外務省(渡航情報)(最新情報)
https://www.auswaertiges-amt.de/de/ReiseUndSicherheit/reise-und-sicherheitshinweise/letzteaktualisierungen
■厚生労働省
○新型コロナウイルスに関するQ&A
https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/kenkou_iryou/dengue_fever_qa_00001.html
○水際対策の抜本的強化に関するQ&A
https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/kenkou_iryou/covid19_qa_kanrenkigyou_00001.html
○感染症情報
https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/kenkou_iryou/kenkou/kekkaku-kansenshou/index.html
○咳エチケット
https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000187997.html
■世界保健機関(WHO)
https://www.who.int/health-topics/coronavirus
https://twitter.com/who
■在留届(3か月以上滞在される方)/ 「たびレジ」(3か月未満の渡航の方)
https://www.ezairyu.mofa.go.jp/index.html
■スマートフォン用 海外安全アプリ
https://www.anzen.mofa.go.jp/c_info/oshirase_kaian_app.html

(お問合わせ先)
在ハンブルク日本国総領事館
Rathausmarkt 5
20095 Hamburg
電話:040-3330-170(閉館時は緊急電話対応業者につながります)
FAX:040-3039-9915
メール:hh-konsulat@bo.mofa.go.jp
 

レンタル掲示板
/170